WORKS看板製作事例

, ,

東京都豊島区にある丼ぶり屋のメイン看板製作事例

ハワイをイメージしたオシャレなファサード!

東京都豊島区北大塚、都電荒川線巣鴨新田駅すぐ近くにある丼もの専門店「丼styleLABO(丼スタイルラボ)」様からご依頼をいただき、入り口上部の立体文字のメイン看板とインクジェットフィルムのガラスサインを製作しました。

ハワイのイメージということで、ファサードには爽やかなグラデーションを使用したカルプ文字のロゴをご提案、異国情緒あふれる個性的な看板に仕上がりました。

椰子の木をモチーフにしたガラスサインには透明フィルムを使用。外からも店内の様子が見える開放的なデザインに。


店舗入口上部に掲げるメインの看板、ファサードサイン。 最も目立つ場所にあり、お店の顔と言えますが、お客様に店舗の情報やコンセプトを伝えるために、どういう素材やデザインで構成するかも重要です。

立体文字で親しみやすくするのか、木彫り看板で格調高さを表すのか、夜間の営業用に照明を設置するのか、目的に合わせて製作する必要があります。

サインアートでは豊富な業種・種類のファサードサインを製作してきました。初めての方も安心してご連絡ください。
業種
クライアント
[飲食店]丼styleLABO/東京都豊島区北大塚
製作費の目安
※施工費は別途発生します。
TOPへ