港北区日吉にある整骨院のファサードサインと袖看板を、統一感あるデザインでリニューアル

東急東横線・横浜市営地下鉄グリーンライン日吉駅から徒歩2分、普通部通りにある整骨院「AP横浜日吉整骨院」様のファサードサイン、突出サイン、壁面サインを作成しました。

今回の場合、もともと看板自体は立派なものがあったため、ファサードサインはアクリル面板のみ、突出・壁面サインは印刷フィルムのみ当社で担当。
とはいうものの、看板の種類すべてでデザイン性を統一させたことで、整骨院の存在を道行く人の視線に必然と入り込むような、まとまりのあるバランスの良い看板となりました。

(神奈川県横浜市港北区日吉:AP横浜日吉整骨院様)ファサードサイン、突出サイン、壁面サインの施工事例写真

(神奈川県横浜市港北区日吉:AP横浜日吉整骨院様)ファサードサイン、突出サイン、壁面サインの施工事例写真

2階への階段上と左、2階右端の袖看板を当社で施工。

(神奈川県横浜市港北区日吉:AP横浜日吉整骨院様)ファサードサイン、突出サイン、壁面サインの施工事例写真

(左)2階突出サイン、(右)壁面サイン

今回は、元々の看板を利用しているので安価に仕上がりました。

ファサードサインアクリル面板、突出看板用フィルム2枚、壁面看板用フィルムの4つ作成で40,000円ほど(施工費は別となります)。
この価格で、統一感のある店舗看板が仕上がるならコストパフォーマンスが非常に高いと思います。

  • 正面から見たときのファサードサイン・壁面サインに比べ、店舗正面に立たなくても視野に入る突出看板は、とても需要が多い看板です。

    ただし道路の上空へ設置する場合は道路管理者の許可が必要となります。公共空間である道路を適正に利用するため、許可を受けられる基準や占有料も定められています(詳細は自治体によって異なります)。 横浜サインアートでは、そういった専門的なことを含めて対応しておりますので気軽にご相談下さい。