戸塚区にある少人数制スポーツジム、窓ガラスやドアも有効活用したウィンドウサインで訴求します

横浜市戸塚区、原宿交差点からすぐの場所にある地域密着型 少人数制スポーツジム「ハピスポ」」様のファサードサインを施工しました。

運動初心者の方やダイエットを目的とする方、リハビリや運動を必要としているシニアの方まで、「お散歩がてら、気軽に立ち寄れる場所」を目指されているということで、地域の方が道路を通ったときに誘目性がありつつ、温かみのある看板を製作しました。

ロゴやイメージカラー自体にも温かみや統一性があるので、そこに人の動きやリアリティのある写真を多用することでとても目立つ、良い看板に仕上がりました!

  • ファサードサインは、正面に取り付ける看板で主に店名(や事業内容)を大々的に表記します。

    入口の上部に取り付けることが多いですが、今回の「ハピスポ」様のように、窓ガラスや入口ドアにもウィンドウサインを採用し、建物を一体的に装飾することで、表示面積も増え、通行人にとってより多くの情報を発信できます。