横浜サインアートによる日よけ幕・タペストリー事例写真

日差しを防ぎつつ宣伝も兼ねる日よけ幕・タペストリーとは?

日よけ幕とは、陽射しに対する遮熱(しゃねつ)目的で普及してきた伝統的な和風看板のことです。店舗名の宣伝告知やブランディング効果に加え、店内の目隠しになったりと、さまざまなメリットが考えられます。

タペストリーとは、ポールに丈夫な布を通し吊り下げた看板のことです。店舗の外に突き出し看板として設置したり、店内を彩るインテリアとして飾るなど、用途はさまざまです。

横浜サインアートでは、日よけ幕の素材に厚手の生地である”葛城”(カツラギ)、主に風呂のれんとして使用される”11号帆布”、風格ある佇まいを見せる”スラブ”など豊富な綿をご用意。タペストリーにはターポリン素材を使用し、丈夫でしなやかな看板に仕上げます。

→ 日よけ幕・タペストリーの施工事例を見る

    • 日よけ幕・タペストリーの事例写真
    • (hascross様)日よけ幕・タペストリーの事例写真
    • (MJG接骨院様)日よけ幕・タペストリーの事例写真
    • (KYOKU様)日よけ幕・タペストリーの事例写真
    • (NAVY045様)日よけ幕・タペストリーの事例写真
    • (鎌倉鎌八Bar様)日よけ幕・タペストリーの事例写真

宣伝効果が強く素材も豊富な日よけ幕、丈夫で扱いやすいタペストリー、用途と環境に合わせ最適なプランをご用意いたします。初めて製作される方も安心して気軽にお問い合わせください。

日よけ幕・タペストリーこんなオリジナル看板が
作成できる!

  • 日よけ幕の事例写真

    宣伝、遮熱、一石二鳥

    店舗名の宣伝告知と遮熱目的を兼ね備えたのれん看板。お店の入口横で存在感を遺憾なく発揮します。
    → のれんはこちら

  • タペストリーの事例写真

    万能なインテリア

    ターポリン生地を使用したタペストリーは写真も鮮やか。限られたスペースにも設置でき、アイキャッチとして効果的です。

看板の照明タイプ

  • 外照式照明タイプの写真
    外照式照明タイプ
  • 内照式照明タイプの写真
    内照式照明タイプ

夜間の視認性を確保するために必要な屋外看板の照明器具は、外側からライトを照らす外照式照明タイプと内側にライトを設置して照らす内照式照明タイプに分類されます。

また光源にも、白熱灯・蛍光灯・水銀灯・ハロゲンランプ・レフランプ・LED…多岐にわたり、ランニングコストや店舗の雰囲気に合わせながら最適な照明を提案させていただきます。

TOPへ